日本伝統種の日本早生種(蓬莱柿)の特徴的な葉っぱ

投稿日:

いちじくは色々な種類があります。中には、「早生日本種」と言われる品種もあります。別名「日本いちじく」や「蓬莱柿」とも言います。

寛永(1624年~1643年)の間にポルトガル人から伝えられたと言われております。「早生日本種」は、寒さに強く日本の気候にとても合っている品種です。

今、「東京いちじく」として栽培している品種の中で明らかに葉の形が違います。ちょっとマニアックですが、「カクレミノ」の葉にとても似ている。。。

この早生日本種でも実がいくつか付いているので、楽しみだ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中